業績を改善した成功事例を紹介

ここでさらに私が経営コンサルをし、業績を大幅に改善させた成功事例をいくつか紹介したいと思います。

事例1倒産寸前の会社が、たった1年で年商4億7000万円を達成!(工作機械販売会社)

都内の自宅兼事務所で、小さな工作機械販売会社を経営している62歳のOさんが、今後の会社の相談で私のところに訪ねてきました。

しかも、会社の運転資金がほぼ底に尽きかけ、「この先、どうしたらいいのか」と頭を悩ませていたOさん。

そこで、私は次のような経営改善を提案しました。

倒産寸前の会社が、たった1年で年商4億7000万円に!

まずは、いまO さんが行っているテレアポのスクリプトを大幅な改善し、アポイントの獲得率を劇的に向上しました。

それまで1日200件、300件のテレアポをしても、全くアポが取れなかったものを、テレアポのスクリプトを改善した

結果、1日で5件~10件のアポが簡単に取れるようになりました。

次にアポイントが取れた訪問先に、提案する資料、もしくはプレゼンテーションの方法を大幅に改善しました。

簡単なワードで作った資料を、まるで紙芝居のようにペラペラとめくりながら説明をしていくと、高単価な商品が受注する販売プロセスへと変わっていきました。

その結果、コンサルティングを受けた60日後には、4800万円の製品の受注を獲得。

そして1年後には、年商4億7000万円を達成しました。

一見、営業は難しいそうに感じる人が多いと思いますが、それは大きな誤解です。

“効率よく正しい営業の方法”を知る事で、営業未経験50代の主婦の方でも、『たった90日間でトップセールス・ウーマン』になれた女性の方もいます。

または、「営業シロートの俺には絶対に無理!できるわけがない!」と、言っていった元大工職人60歳の男性が、1億円の工作機器を売ってしまうなど…。信じられない成功事例が他にも、まだあります。

きちんと正しい営業プロセスを積み重ねていけば、性別・年齢、問わず誰にでもトップセールスマンになれる可能性は十分あります。

事例2僅か1年で顧問先0から、41社にが激増!(社会保険労務士)

ある30代の男性Wさんは、突然のリストラを機に社会保険労務士として開業をしました。

けど、社会保険労務士として開業をして2年たっても、まったく顧問先が捕まらない日々が続いていました。そこでWさんは、口コミを頼りに経営コンサルタントをしてくれる人を探しました。

そして、ある人の紹介で私のところに相談に来まして、話の流れで社会保険労務士で開業したWさんをコンサルティングをする事になりました。

じつは、弁護士、税理士、司法書士、行政書士の士業業界は、はっきり言ってしまえば、飽和業界です。例え難関資格を取って、いざ士業で開業しても、新規客が全然獲得できなくて、士業で独立して喰っていくのでさえ至難の業です。

また、Wさんはどの社会保険労務士もサービス類似した内容、価格が同じで同業他社との差別化ができない事で非常に悩んでいました。

そこで、私はWさんに次のような戦略を提案しました。

たった1年で顧問先0から、41社に顧問先が激増した方法とは?

同業他社があまり手を付けていない業務を特化し、その業務を専門に受け持つ社会保険労務士として、経営戦略を変更しました。

さらにターゲット顧客を引き込むオフライン広告と、金銭的コストをかけず、毎月webで継続的に集客できるインターネット・マーケティング戦略を取り入れた結果、

顧問先0の状態から、僅か1年足らずの間で顧問先が41社まで増やす事に成功しました。

事例3小さな居酒屋が集客・売上が劇的アップ!年商1 億円を突破!(居酒屋)

年々、競合店が増えお店の売上が落ちてきて、「何とかしないと…」そう悩んでいた居酒屋を経営していた50代のFさん。

ある時期を境に、それまでお店に頻繁に来てくれたお客さんがパッタリと客足が途絶えてしまった結果、お店の売上が激減!

「このままでは、店が潰れてしまう…。」

そう、危機感を感じた居酒屋経営者のF さん。

そしてお店の集客数・売上を増やす打開策としてF さんは、ぐるなびやホットペッパーなどの広告媒体を積極的にどんどん活用する事で、お店に、また人がどんどん来る事を期待していたそうですが、

毎月数十万円の費用を掛けても、F さんが期待するほどの集客効果は、まったくと言っていいほど得られなかったそうです。

さらに、「お店の集客・売上げアップのために何をすればいいのか?」

そう悩んでいたFさんが、最終的には私のとこへ相談に訪れてきました。

そこで、私は“居酒屋の集客・売上が劇的アップ!する方法”を、Fさんに幾つか提案し、実際に、そのマーケティング戦略を試してみる事にしました。

小さな居酒屋が年商1億円を超えるほど売上が劇的アップ!

それは、ぐるなびやホットペッパーなどの広告媒体を一切使用せず、自分達の店でマーケティング戦略を実行し、集客する方法でした。

Facebook、YouTube、LINE、ブログ、メルマガなど、自力で集客する為の“インターネット・マーケティング集客”を実行する。

また、リピーター数を大幅にup させるための“リピーター獲得戦略”

他にも、顧客満足度が劇的に向上させる仕組み、強力な口コミ集客が自然と起こる接客方法など、

お店の売上が大幅にupする為の戦略を、Fさんの居酒屋に取り入れていった結果…、

20 席ほどの小さな居酒屋が、店内がお客さんで連日満席になるほどの繁盛店へと劇的に変わっていきました。

それまで居酒屋の売上が、月に100万円以下まで落ち込んでしまった居酒屋が、年商1億円を突破するまでに、売上が劇的に増えていきました。

広告媒体にお金をかけずに、自力でマーケティング集客できる力を身に着けることができれば、この先、長期間に渡ってお店の売上・経営も持続的に安定していくでしょう。

“集客・売上が継続的に入る仕組み”ができれば、お店の集客・売上も、自然と右肩上がりに増えていき、最終的には持続的な安定経営へと繋がる事になります。

事例4開業して1年目は年商28万円、そこから1億1020万円に!(中小企業診断士)

開業して1年目、年商28万円だった中小企業診断士のSさん。

中小企業診断士の業務に加え、法人向けコンサルティングサービスを始めても、仕事が全く取れなかったそうです。

何やっても上手くいかず途方に暮れたSさんは、最後に私のところに相談に来ました。

そこでSさんに私が改善した事は、営業・販売マーケティングの仕組み、これを基礎的な部分からビジネスを構築する事で“経営基盤”が安定し、「仕事が全く取れない」悩みから解消されていきました。

年商28万円から、年商1億1020万円を達成した方法とは?

これは実際に、私がSさんにコンサルティングをして、一度試してもらった営業方法ですが、まずはFAXDM、DMなどを積極的に活用する事で、アプローチ数を増やしてもらいました。

そして、次に資料請求の申し込みがあった会社に、簡単なステップメールでこちらの紹介動画を送付する事で、少ない労力で仕事への受注に繋がっていく、マーケティング手法を確立しました。

さらに、電話対応による受注率は、最高72%という高契約率を達成しました。

その結果、開業して1年目の年商28万円だった個人事務所が、コンサルティングを受けて1年後に3530万円。

さらにコンサルティングを受けて2年目に年商1億1020万円を突破しました!

事例5ゼロから起業して、2年目で年商3億円を突破!(受託システム開発会社)

大学時代の友人と一緒に受託システム開発、ホームページ製作の会社を立ち上げた38歳のSさん。

起業当初からほぼ毎日、朝8時から夜8時までのテレアポ、もしくは飛び込み営業を約5ヶ月間続けても、全く仕事が取れない日々を送っていました。

朝から晩までテレアポ、飛び込み営業をしても仕事がまったく取れず、Sさん自身、「もう、ダメかもしれない…」と考えていた矢先の事でした。

最後の頼みの綱として、私のホームページを見て、相談に訪ねてきたのです。

そして、相談に来たS さんの話を聞くと、これまで技術畑の出身で「営業というものは、どのようにやったらいいのか、全く検討も尽きません」と、営業に対して、とっても悩んでいました。

年商ゼロだった小さな会社が、この方法で年商3億円を突破!?

そこで、私が提案した方法は、とっても無口で人見知りが激しいSさんに、

  • 5分で誰にでも打ち解ける“雑談トレーニング”
  • あまり喋らなくても高確率で契約が取れる「提案力」
  • 90日で誰でもトップ営業マンになれる超効率営業術

など、38歳、技術畑出身・営業経験ゼロのSさんに、これらの営業ノウハウを伝え、さらに徹底的に「実践→修正→学ぶ」を繰り返し行っていったところ…、

コンサルティングを開始して約2ヶ月後には、1,000万円の仕事を受注!その半年後には1億円を超える高単価の案件を受注獲得に成功しました。

さらに2 年後には、起業して売上0 円だった小さな会社が年商3億円を達成するまでに至ったのです。

正しいノウハウを学び、そして戦略を繰り返し改善・実践する事で、ゼロから起業しても、億を超すほどの売上を上げる事は、決してそう難しくもないと思います。

私が、コンサルティングをした会社や飲食店が、「なぜ、短期間のうちで圧倒的な成果を残す事ができたか」というと、じつは、もう1つ大きな秘密があったからです。

その秘密とは…。